ウメバヤシミサキはかく語りき

ワタシはワタシらしく生きる

寒いと何もする気にならない

こんにちは。

今日も寒いですね。

 

私は福岡に住んでいるのですが、

わりと南の方のせいか寒さに弱いです。

 

どれくらい弱いかというと

寒い中スカートで外出したら

もも裏に蕁麻疹ができるくらいです。

 

寒いと何もする気にならなくなります。

 

何をするにも億劫。

トイレに行くのすら躊躇うレベル。

 

うつの方で冬に調子が良いという方は

あまり多くはないと考えているのですが

実際のところはわかりません。

 

ヨーロッパではうつが国民病と言われているのですが

(例えば、イギリスやドイツなどの緯度が高めのところ)

曇りの日も多く、かつ冬が長いせいとも言われているようです。

 

やっぱり太陽の光って大事ですね。

 

冬季だけのうつ病もあるくらい

冬はうつ病患者にとってはつらい季節なのかもしれません。

 

私は結構当てはまっていて、

(夏は夏で暑くて気力が湧きませんが)

冬はどうしても低レベルな次元でしか生活できないです。

 

外に出る?いやちょっと…。

カーテン開ける?布団から出るのが…。

 

というように、かなり低次元の生活を送ることになってしまいます。

 

なので冬はとにかく無理をしないことを

目標にしています。

 

無理して外に出るのもストレスなので

外に出ざるを得ない状況を作ります。

 

例えば、水を飲みたいときや、ご飯が食べたいとき。

なるべく家にストックを作らないようにして、

買い物に行くように自分で仕向けています。

 

私は一人暮らしなので、誰かが買ってきてくれるわけではありません。

自分で買いに行くしかないのです。

 

というわけで、しぶしぶと買いに行くのですが、

買いに行くと意外と外の空気が気持ち良かったり

太陽の暖かさにのほほんとした気持ちになれたり

 

案外外に出るのも悪くないな、と感じることも少なくないです。

 

それでも寒さは苦手なので用事を済ませたら

さっさと家に帰るのですが。

 

そのあと、きちんと自分をほめてあげるようにしています。

 

よく買いに行けたね。

今日は外に出られたね。

えらいね。

頑張ったね。

よくできたね。

 

そうやって自分の精神を安定させているのです。

 

低レベルかもしれませんが、

私にとってはこれがとても大事なことなのです。

 

今日も買い物に行かなければなりません。

 

行けたら自分をほめてあげます。

 

こうして今日も平穏に過ごせます。